量子論的手法と非平衡グリーン関数による電子輸送計算プログラム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 事例
  • サービス・サポート
  • セミナー・イベント
  • お問い合わせ
  • 会社情報
  • tutorial
Atomistix ToolKit - Density Functional Theory (ATK-DFT)の詳細を見る
Atomistix ToolKit - Semi-Empirical (ATK-SE)の詳細を見る
Virtual NanoLabの詳細を見る
Atomistix ToolKit - Density Functional Theory (ATK-DFT) Atomistix ToolKit - Semi-Empirical (ATK-SE) Virtual NanoLab
更新情報
現在、本ホームページは大幅改訂中です。
2018年 11月
  • Webinar開催のお知らせをニュースに追加しました。
  • 出展情報を更新しました。
2018年 10月
  • Webinar開催のお知らせをニュースに追加しました。
2018年 9月
  • QuantumATK-O-2018.06-SP1-1リリースノートを公開しました。
  • Webinar開催のお知らせをニュースに追加しました。
  • 出展情報を更新しました。
2018年 7月
  • QuantumATK-O-2018.06リリースノートを公開しました。
2018年 6月
  • 動作環境を更新しました。
  • トライアルライセンスのダウンロード方法を更新しました。
  • セミナー情報を更新しました。
2018年 5月
  • 出展情報を更新しました。
  • Webinar開催のお知らせをニュースに追加しました。
2018年 3月
  • 出展情報を更新しました。
QuantumWise TV on YouTube




Synopsys QuantumWiseについて

開発元 QuantumWise社 Synopsys QuantumWiseについて
Synopsys QuantumWiseは、旧QuantumWise A/S(デンマーク)およびその日本法人であるQuantumWise Japan株式会社を核とする、Synopsysの一部門です。特に日本シノプシス合同会社におけるSynopsys QuantumWise部門は、日本国内のQuantumATKの販売、サポートを手がけています。またQuantumWise社製品を利用したシミュレーションに関するコンサルティング業務や提案業務を通じて、日本国内の次世代ナノデバイスシミュレーションの発展に貢献しています。


旧QuantumWise A/Sについて
旧QuantumWise A/Sはコペンハーゲンに拠点を置く、ナノデバイスシミュレーターの開発・サポート・メンテナンスを行う研究開発企業です。ナノスケールモデリングの世界的な研究者が開発したTranSIESTAプロジェクトの成果を商用化製品として発売したAtomistix社の事業を引き継ぐと同時に、次世代のナノデバイスシミュレーションの研究開発を進めています。


Dr. Kurt Stokbro / Founder
Director Synopsys
デンマーク工科大学にて物理化学Ph.D.取得。TranSIESTA コンソーシアム共同創立者。元QuantumWise A/S CEO。専門は分子エレクトロニクス構造理論・数値的計算モデリング。

ニュース
Webinar詳細ページへ

2018年12月12日の17:00より、QuantumATK-O-2018.06(-SP1-1)の新機能"デバイス構造の最適化モジュール"に関するWebinarを開催します。Ag(100)/Ag(111)界面系の構造最適化の作業を通して、このモジュールの機能および使用方法について解説します。コペンハーゲンから、弊社エンジニアのPetr Khomyakov Ph.D.が生中継でお送りするホットなセミナーです。奮ってご参加ください。右の画像をクリックし、詳細をご確認のうえ、事前申し込みをお願いいたします。

最新事例

エッジラフネスを有するGNR

東京理科大学、山本貴博研究室でのご研究、”Conductance fluctuation of edge-disordered graphene nanoribbons: Crossover from diffusive transport to Anderson localization” がAppl. Phys. Lett. 104, 093105 (2014)に発表されました。この論文ではグラフェンナノリボン(GNR)のナノデバイス応用において考慮すべき、生成時に生じてしまうGNRのエッジラフネスの電子輸送特性に対する影響を調査しています。


熱電変換材料の性能指数

熱電変換素子の熱電特性の性能を評価する様々な物性値(ゼーベック係数、熱伝導率、ZT等)を計算できます。東京理科大学工学部山本研究室との共同研究によりグラフェンナノリボンの熱電特性を解析した結果を Jpn. J. Appl. Phys. 52, 06GD05 (2013). に発表しました。


有機−金属界面の電子状態

金属(Au)と有機物半導体(ペンタセン)の接触界面の電子状態をNEGFの手法を用いて解析しました。これにより有機物半導体と金属の接触抵抗に関する有用な情報が得られます。金属−有機結晶界面における電子輸送モデルとしてコンベンショナルなSchottky barrierモデルの拡張を提案しました。本系の解析結果をPHYSICAL REVIEW B 88, 075317 (2013)に発表しました。


Graphene On Silicon:
Si基板上に成長したGrapheneのAtomistix ToolKitによる電気伝導特性解析

GOSモデル構造での電気伝導特性解析を2010年7月にリリースされたAtomistix ToolKit 10.8で行いました。

お問い合わせ
Copyright © 2011 QuantumWise Japan KK All rights reserved.